CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ビギナー自転車マンは日々悶々と悩み続ける 第7回 | main | 毎年5月のミーティング >>
ビギナー自転車マンは日々悶々と悩み続ける 第8回
JUGEMテーマ:じてんしゃ全般
 

18森の中

きょうのレポートは前回、第7回の続きです。

自転車スキルをアップさせるため、
計画した練習方法を信じて、走り続けています。
だけど、
人生、前向きに考えよう。って、言ったって
ずーっと伸び悩んでいると、落ち込んできますね。
そして、
すてる神あれば、ひろう神あり? (何か違いますね)
少し良いことがありました。
走った距離、廻した時間、は自転車マンを裏切らなかった。

ヤビツ。久しぶりにやりました。(2ヶ月ぶり)
やっと50分を切った!  49分32秒。(名古木から)
いままでの記録は51分30秒。2分縮めました。

いつものように上りはじめて、
コンビニを過ぎたあたりからペダリングの調子をつかんで、
蓑毛バス停への激上りで、あきらかに今までよりスピードが出てる。
バス停を16分20秒で通過。最速です。
菜の花台駐車場までの森のなかもスピードが落ちず。
ラスト3.3kmも、たれないでゴール出来ました。
50分切れてうれしいです。

感覚的。根拠の無い分析ですが、
ラストにたれなかったのは、ロング練習の効果でしょうね。
高回転練習で「筋肉が赤から白へ」は、 まだでしょう。
が、ペダリングが変わったようです。
下死点で足裏がスムーズに通過していきます。
走り始めて、はっきりと違いがわかりました。
それから、上りの踏み方。
足だけでなく体全体で踏んでいく(廻していく)と、
力強く廻していけました。ギヤも、最後まで1〜2枚小さかった。
途中で足がなくなる(いままではすーっとそう)こともなかったです。
体幹筋、背中、腰、ハムストリングを意識して体全体で踏んでみると、
なるしま.小畑さんが言われていた、
「サドルに座っていても座っていないんだよ」の感覚がわかりました。
だけど、
これらのことも、まだ掴んだばかり。しっかりと体に定着させなくちゃ。

仲間や小畑さんに感謝です。
こんどは45分切りを目標にします。
あー でも、mt富士に過度な期待はしないようにしなくちゃ。
ツール.ド.八ヶ岳。調子にのってオーバーペースで足攣ってアウトだったから。
(今の私。ツール.ド.八ヶ岳は忌まわしい記憶。トラウマです)

私と同じ悩めるビギナー自転車マンのみなさん。
これらの練習方法は効果があるかもです。
(詳しくは第7回を参照してください)

信ずる者は救われる? 練習は裏切らない?


追記
調子にのってきのう超早朝、ヤビツやってきました。
だけど、走り出しから足が重い。
調子は上がらず、蓑毛バス停で1分遅れ。
菜の花台駐車場では1分30秒遅れ。
「あーっ、今回はだめかー」
やけくそでラスト3.3km。足が攣るの覚悟で思いっきり廻しました。
49分50秒
よかったー、なんとか帳尻あわせて50分は切れた。
50分切る体力が定着してきたのか?

45分。 いえ、まずは目の前の47分切りを目指します!




20090415_古見エコサイ


| 自転車 | 07:06 | - | - | pookmark |