<< 日曜ひとり(仲間)練@八景島107km 酷暑37°(たぶん50度°超) | main | 帰ってきた sony.α NEX-5R >>
平日ふたり練@スバルライン24km 339日ぶりのヒルクライム
JUGEMテーマ:じてんしゃ全般
 
00富士スバルライン@339日ぶりのヒルクライム.JPG

10日後の[真夏のサイクリング]に向けて仲間.学ブッチと[直前あがき練習]しました。

ヒルクライムを1年やってない。というか平地巡行でも通常より5km/h遅い今の[練習怠慢.私]のパフォーマンスじゃ、タイムうんぬんより完走が目標になります。何が何でも五合目まで上りきる覚悟。
世界遺産登録されたFujiYamaがどれほどの賑わいになっているのか?。渋滞、混雑したスバルラインで[真夏のサイクリング]が出来るのか?。 それも興味があった。

少しだけアップするも、筋肉のスキルがダメダメなのを再確認することになったので、まだアップ続ける学ブッチより先にスタートすることに。まあ、20分くらい先に上って、五合目ゴールでいっしょの感じだからいいか。
上り始めから、2~3キロも速度が遅い。
だけど焦って踏んで、前半で終わってしまうことは避けたいのでマイペースで上っていく。
一合目過ぎて、何となく上りのペダリングを思い出してきた。
今日の課題は完走すること。
それから、最近の少ない練習の中で意識している、[体全体の骨格でペダリング]。つまり、体重とか筋肉という意識ではなく、体の重さを地球の重力に自然に、それを骨格の流れに沿って効率良くペダルに乗せていく感じ(以前、意識していた腰踏みペダリングもそれに近い)。その二つです。
筋肉パフォーマンスは期待できないから効率良くペダリングしたい。
三合目までは何となく調子良く走らせることができて、でも、大沢駐車場前で筋肉が終わっていきました。大沢からの変化する勾配についていけづ細かな失速が続く。タイムが失われていく。

2時間10分台も予想していましたが、1:55だった。
昨年は、平地を走りこんで初めてのスバルラインが1:58。上り練習して最後が1:40。
ほとんど走ってなく、しかも一年ぶりのヒルクライムなのに、一発目が1:55はそれなりに嬉しかった。
[体全体の骨格でペダリング]意識が功を奏したのか?。


[真夏のサイクリング]まであと10日。仕事は今、超詰まっていて、だからぶっつけ本番になります。
が、
もし、ヒルクライム練習したらベストタイム、1時間30分台にいけるのか?

いきたいなあ...



       タイム   スプリット
5km    24:20  24:20
10km   48:05  23:45
15km  1:12:15  24:10
16.7km(大沢駐車場)      1:22:20
20km  1:40:25  28:10
24km  1:55    15:25
 五合目ゴールは道路混雑に阻まれてタイム不正確



ヒルクライム前にアップ
01富士スバルライン@339日ぶりのヒルクライム.JPG

02富士スバルライン@339日ぶりのヒルクライム.JPG

03富士スバルライン@339日ぶりのヒルクライム.JPG

久しぶりの富士山麓はやっぱり気持ち良い

04富士スバルライン@339日ぶりのヒルクライム.JPG



05.0富士スバルライン@339日ぶりのヒルクライム.JPG

学ブッチ。ハンドルをそうとう下げたポジションになってる(肩辺りのフォームが変わった)。私にはサドルも少し下がったように見えました。
「今はこれがベストポジション」だそうです。
調子良さそうに見える。
スバルライン一発目なのに1:27なんて
うらやましい...

05.1富士スバルライン@339日ぶりのヒルクライム.JPG

最初だけは学ブッチを千切る (笑)
06富士スバルライン@339日ぶりのヒルクライム.JPG



07富士スバルライン@339日ぶりのヒルクライム.JPG



五合目の道路混雑は自転車の走るラインがありません。
道路センターも対向バスが来るので走れません。
08富士スバルライン@五合目.JPG



09富士スバルライン@五合目.JPG

10富士スバルライン@五合目.JPG
世界遺産登録後の五合目

世界遺産のFujiYama
11富士スバルライン@mt富士山.JPG

12富士スバルライン@mt富士山.JPG



下りで見つけた、富士樹海
13富士スバルライン@富士樹海.JPG

14富士スバルライン@富士樹海.JPG

15富士スバルライン@富士樹海.JPG




| 自転車 | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://plastake.jugem.jp/trackback/899
トラックバック