CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 軍艦島 35年目のいま 追レポ | main | ツールを見てて思うこと 3  ツールじゃないけど >>
秩父三峰ヒルクライム 上ってみてわかったこと
JUGEMテーマ:じてんしゃ全般


17下り1

第1回.秩父三峰山.サイクル.ヒルクライム.ロードレース.大会
かなりのきつさでした。
12.85kmで約900m上ります。平均7%。
感じとしては、奥武蔵.白石峠が続くみたいでした。
勾配もきついけど、レース自体がきつかった。
参加400人あまりで小規模ですが 、
みんな本気のレースでした。イベントではないです。
私の○○クラス。スタート前のみんなの会話。
「俺さー、この間の××レース。ゴールして気が付いたら3位だったよ。」
「私は5位。くやしいなー」
「ぼくなんかリタイヤですよ。悔しいなんてもんじゃない。」
「そうそう○○さん、スタートして上位についていたのにねー。」
思わず耳を塞ぎました。
この人たちはバリバリ本気だ。
なんか、私は場違いなところにいるんでは?

レース中も凄かった。
なにが凄いかと言うと、レースを諦めている人が1人もいませんでした。
いい経験をさせてもらいました。

秩父は東京から近い。「当日朝に出発できるな。」
とんでもないです。秩父。高速道路下りてから遠すぎです。
朝9時レーススタートを逆算して、
夜中2時起きで出発しました。
そして予想通り、一睡も出来ず。貫徹夜です。
いきなり、夜9時に寝られませんよ。
スタート前も、「眠い。やる気がおきない。周りに怖気づく。」 3重苦。
来年は11時スタートにしてほしいと思いました。

本題の「上ってみてわかったこと」ですが、

私は心肺強度が弱いから上りが遅いんですね。
筋力よりも心肺強度。
先週の八ヶ岳。体の調子が良くて、
心拍171〜174で10kmまでは行きましたが。
そのときは1時間40分を切るペースでした。
(八ヶ岳は、距離25km。高度1300m。)
きょうは、同じく心拍171〜174でいっても、
一定時間を超えると上体が疲労してきて、
ペースをゆるめてしまう。
心拍も160〜165まで落ちて、当然スピードも...
しばらくすると回復。またペースアップ。
それの繰り返しでした。
きょう、上っているときに思ったこと。
「このままではタイムアップは出来ない」
心肺基本強度の強化が最優先だなー
何とかして心拍174前後で2時間続けられる体にしないと。

mt富士まで40日。
(スバルラインは、距離24km。高度1200m。
 昨年はタイムアップしたとはいえ、1.53.45のトホホな記録
 今年こそは1.40を切りたいです。)

どうすればそんな体が出来るのか?
The Long and Winding Road 〜 ジャッ.ジャーン〜!
(つまり、L.S.D.練習)
なのかなー?
みなさんはどうしているの?

02レース前古見
レーススタート前。情けなくニヤニヤしているノッブ王子。

レースゴール後。棒立ちで胸を張っているノッブ王子。
06レース後古見

12レース後金子1
きょうの仲間。kaneGON,学ブッチ、tuji☆。
08レース後3人
16ヘリコプター3
ヘリコプターが止まっていました。 空もキレイだ




| 自転車 | 23:10 | - | - | pookmark |